電話番号:052-771-3322

〒465-0097 愛知県名古屋市名東区平和ヶ丘5-27

愛知県名古屋市名東区の内科・胃腸科「今井内科胃腸科クリニック」。内視鏡検査や糖尿病・高血圧などの生活習慣病の指導・改善などに評判。千種区、守山区からもアクセス良好。

内視鏡検査

ネット受付

看護師募集中 詳しくはこちら

今井先生の健康医学ブログ

内視鏡検査について

当院ではオリンパス社製の最新の内視鏡を用いて、検査を行います。 胃の内視鏡検査については、従来からの口から入れる方法と鼻から入れる方法のご希望の方法を選んでいただけます。

鼻の穴を通して行なう経鼻内視鏡は、口からの内視鏡に比べて、内視鏡挿入時の嘔吐反射(おえっとなる感じ)が少ないため、楽に検査を受けることができます。また、検査中に会話をすることが可能ですから、画面を見ていて気になることがあれば検査中に聞いてもらうことができます。

鼻からの内視鏡を行うようになってからは検査を受ける患者様はほとんどの方が鼻からの方法を選択されますが、検査後の感想を伺うと口からの内視鏡と比べて楽だという方が大多数です。

安心してご相談ください。

経鼻内視鏡をご希望される方へ

経鼻内視鏡とは、極細径の内視鏡を使って鼻の穴を通して行う上部消化管(食道・胃・十二指腸)の検査です。従来の口から挿入する内視鏡と比べると舌の付け根や喉の奥を刺激しないため、吐き気をほとんど感じることなく楽に検査を受けることができます。

この検査は、これまでの内視鏡(外径9~10mm)と比べ極めて細い内視鏡(外径5.5mm)が開発されたことにより可能となったもので、まだようやく普及し始めた段階の検査方法ですが、当院では内視鏡を受ける方の苦痛をより少なくするため経鼻内視鏡を積極的に行っています。

以下に経鼻内視鏡の特徴についてご説明します。

経鼻内視鏡のメリット

  1. 従来の内視鏡より細いため、検査中の苦痛が少ないです。
  2. 舌の付け根や喉の奥を刺激しないので、吐き気(嘔吐反射)が少ないです。
  3. 鎮静剤による麻酔、鎮痙剤の注射を必要としません。
  4. 検査中も会話が可能です。

経鼻内視鏡のデメリット

  1. 検査の前処置や検査時間が口からの内視鏡より長くなることが多いです。
  2. 内視鏡が細いため画質が劣ってしまいます。(通常の観察には問題ありません)
  3. 止血などの内視鏡的治療は原則できません。
  4. 鼻の不快感や圧迫感があり、鼻出血をおこすことがあります。
  5. 鼻の中が狭い場合や鼻出血を起こした場合は鼻からの挿入ができないことがあります。

検査時の注意点

  1. 他院で血液を固まらなくするお薬を内服中の方は申し出てください。検査に伴う鼻出血の点から、このような薬を飲んでいると鼻からの検査はできません。また、同様に出血をしやすい病気の方も鼻からの検査はできません。
  2. 鼻の中が狭く挿入困難な場合や検査前の処置中に鼻出血を生じた場合は、口からの内視鏡検査に変更します。
  3. 病変を細かく見る必要がある時にはカメラの画質の点で口からの内視鏡の方がよい場合もあります。予約の時にご確認ください。
  4. 検査後1時間は念のため飲食・内服は中止してください。
PAGE TOP